元社長の日常

元社長の日常を日々語っております。 今話題のニュースや情報、自分が感じた事。 ビジネスプランなども綴ってゆきますので、 気楽にご覧ください。
元社長の日常 TOP  >  小説
カテゴリー  [ 小説 ]

雪女

皆さんこんばんは。

とうとう初雪も降り、諦めがついた札幌です。

これから長~い雪の街札幌になりますが、めげずに
頑張って生活しますか。

さて雪と言えば「雪女」昔話ですね。

雪女のイメージとしては、髪が長くて肌が白い。
目元が一重で涼しげなイメージでしょうか。

肌が白いのに白い着物を羽織、手の指は細くて
長い・・・

かじかんだ声と吐く息の白さ・・・

その息を吹きかけられると、たちまち凍りつき
息絶えてしまう。




時間は深夜2時。忘年会の二次会を終えての帰り道。
昨日から降り続く雪は一面を真っ白にしてもなお、
止む事を忘れ今日もシンシンと降り続く。

タクシー乗り場に来て見たが、この雪で忙しいのか、
タクシーの姿が見当たらない。

流しのタクシーを捜してもつかまる事はないだろう、
しばらくタクシー乗り場で空車の車を待つ事にした。

ふと路地の影から人が出てきた。

白いオーバーを着た髪の長い女・・・

だんだんこちらに近づいてくる。顔の輪郭が見えた。

細面で肌がやけに白い。目は一重で切れ長。唇が妙に
赤い。

コールガールか?・・・

近づいてくる女に俺は話しかけた。

「タクシー・・・いませんね」

「・・・・」

だまっている彼女になおも話しかける。

「こー寒いと凍りつきそうです。タクシーも中々来そうに
ありませんね」

「あのー」

と、言って女が話しかけてきた。じっと見つめられて切れ長の
目に吸込まれそうだ。

「わたくしをどこかに連れていってくれませんか?」

「どこかって言いますと?」

「わたくし・・・今日は帰る場所がないんです。ですから・・・」

やはり・・・コールガールか?俺はすかさず財布の中身と相談した。
始めの一次会で5000円、二次会で8000円。そーすると残りまだ3万
近くありそうだ。

どこかのバーで飲んだとしても、そこはカードで支払えばいい。
ホテル代は・・・カードでいいか。請求書が届いても家の者には
雪でタクシーが捕まらず朝も早いしホテルに泊まったと言えばいい。

わずか10,2,3秒で頭の中で計算した。大丈夫。

「じゃあ、近くのホテルのバーで軽く飲みますか?そばに知ってる
バーがあるんです」

「じゃあ、そこへ連れて行ってくださる?」

「わかりました、じゃあ急ぎましょう。ほんとに凍えそうだ。(笑)」

男は、女が何かしゃべったようだが風の音に消されてよくは聞き取れ
なかったようだ。

「これから・・・もっと震え上がる事になるけど・・・ネ^^」

雪女・・・行きずりの女・・・男の運命は


今日はちょっと短編小説風に仕上げてみました。

では今日はこんなところです。

今日の一曲「星の指輪」浜田省吾





[ 2012/11/19 18:02 ] 小説 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

Mr.Sarry@1963

Author:Mr.Sarry@1963
元社長Mr.Sarryのブログへようこそ。
文具・雑貨をこよなく愛する男です。ブログでは日々の出来事やニュース、また文具、雑貨について書いていこうかなと思ってます。リンクフリーです。ブロ友は大歓迎です。よろしく!!

クリスマス
カレルチャペック紅茶店
ホーム&キッチン DALTON他
ホーム&キッチン           STUDIO M’他
みんなの足跡『あし@』
最新トラックバック
おきてがみ
FC2以外のブログからの訪問時に こちらをクリックしてください。 後ほど訪問させていただきます。